【活動再開】6月~9月までの近況をご報告いたします。

ドキュメンタリー

お久しぶりです。きしめんです。

6月半ばの記事を最後に、そこからプツリと更新を途絶えさせておりました。
実に3か月半ぶりの更新となります。

唐突に更新していなかった間の近況(こと)などを書いてみたいと思います。
とても長くなりますがご容赦ください。

6月末、パートタイマーとして働き始める

実は(も何もないのですが)、6月の時点で期日通りに家賃が払えない状態に陥っていました
幸い、一緒に暮らしている姉が立て替えてくれましたが、これで一人暮らしだったら今頃とっくに家なき子になっていたと思います。

とにかくお金を増やさなければ!と、自分の仕事の傍ら、パートに出ることに決めました。
(働こうと決めたのは5月末でしたから、実際に始めるまでに時間がかかりました)

アルバイトを始めてみようとしています。
こんばんは。きしめんです。今日はアルバイト探しについての話をしようかと思います。生活費を稼ぐために切実な話、生活費として取っておいた貯金がほぼ底を尽き、いよいよもって金銭的な余裕がなくなってきました。最終手段は家族に頼ることだ...

どうせやるなら慣れているほうが安心するし、面白いほうがいいなと思ったので、以前社員として勤めていた会社にパートとして働けないか打診してみました。
結果、社長と元上司との3者面談を経て、採用。現在も週3日で働いています

毎日ではないとはいえ、自転車で片道30分の道のりを通い、7時間ずっと立ちっぱなしで作業。
会社を辞めてからずっと自宅に引きこもって座りながら仕事していた身としては、1日働いただけでどっと疲れました。
仕事が終わる頃には足がパンパンで痛くて、身体的疲労で帰宅後しばらくは動けなかったり、うっかり寝てしまう日々が続いたのです。

それでも、個人の仕事は変わらず存在するわけで、疲れた体を動かしながらなんとか両立させていました。

身体は疲れていたけれど、気持ちとしては「パートと個人の仕事、ちゃんと両立させてみせる」と思っていましたし、できると思っていました
でも、割とすぐに、それは甘い見積もりだったのだと思い知ることになりました。

 

7月、メンタル不調により何も考えられなくなる

パート業務で体力が削られた結果、何が起こったかと言いますと、個人の仕事のほうで遅れが出てきてしまいました

やると伝えていた日にできなかったり、期日が迫っているのに全く手を動かすことができなかったりして、ずるずると仕事が遅れていきました。
いろんなところで謝罪しましたが、謝罪が追い付かないくらい仕事が溜まり始めて、ついには何から手を付けていいのかもわからなくなっていきました。

わからないなら明確にすればいいだろうと、抱えているものを書き出そうとしてみたこともあります。
でも、書いているうちに「そもそも私は何がしたかったのだろう」とか「私、何しているんだろう」とか「どうしてこんなことしているんだっけ」とか、何もかもがわからなくなってしまいました。

行動するにも、考えるにも、わたしは何をどうしたらいいのかさっぱりわからなくなってしまったのです。

頭の中にあるのは「とにかく現状をどうにかしないと」ということだけで、具体的に何をすればいいのかも考えられないし、考えようにも頭も体も動かなくて、日次の決まったミーティングとパート業務だけをこなす日々になりました。
しまいには「自分はなんてダメな奴なんだ」「ただサボってるだけなんじゃないか」と自己肯定感まで失って自責を始めてしまって、ブログどころかSNSにすら何も発信できなくなっていきました。

もうさすがに私一人では無理だと思って、いろいろなものを振り絞って、所属しているオンラインコミュニティ・ライフエンジン内の「ゆるいお悩み相談室」チャンネルで、以下のような投稿をしました。

こんにちは。いつもお世話になっております。

6月末から個人事業とパート出勤というダブルワークを開始したのですが、予想していたとはいえ生活リズムが大きく変化し、手元のタスクを上手く処理できていない日々が続いております。それに伴う焦りや自己肯定感の低下も重なり、今自分が何をすべきなのかも何がしたいのかもだんだんわからなくなってくるという、個人的にはあまりよろしくない状況です。
そこで、この週末から集中して仕事からプライベートまで全部のやりたいことややるべきことなどの洗い出し、整理整頓、タスクへの落とし込み(タスクリスト作成、スケジュールを立てる、TaskChute Cloudにタスク追加)までやろうかと考えております。

ここで、皆様にご相談というか、ご協力をお願いしたいのですが、こういったときの思考整理や情報整理に適したフレームワークなどがありましたら、是非教えていただきたいです。
自分の場合に実践している方法やどこかで読んだブログ記事などでも嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

これに対する返信は、大変温かく、有益なものばかりでした。

中には「とにかく寝て休んだほうがいいと思う」とか「まずは些細なことから自分の約束を守って自己肯定感を上げよう」とか、タスク管理以前に私の心身の状態を心配してくださる意見もありました。

それぞれの投稿を眺めながら、どこか遠くでの出来事を見ているような感覚がありつつも、だんだん、じんわりとした温かさのような何かが胸の内に広がり始めて、返答のひとつひとつに感謝しながら、ゆっくりと、よくわからない涙で視界を歪ませながら全てに返信したのを憶えています。

「そうか、私は疲れているのか」「私は今、気持ち的に参っているのか」と、後になってようやく理解が追い付いてきたような感覚で、メンタル的な不調を自覚しました。

そうとわかれば、まずは休もう。
精神的に参っているときほどSNSを眺めるのが苦しくて、でも言葉として何か吐き出さないとさらに苦しいので、ひっそりとライフエンジンのSNSに非公開チャンネルを作り、一部の方に見守りをお願いして、人目の少ない場でアウトプットしつつ休むことに集中しました。

そしてまた、7月も家賃は期日に間に合いませんでした。

 

8月、親に叱られてようやく目が覚める

8月、ようやく生活リズムに身体が慣れてきて、個人の仕事の遅れを精算しました。

お盆になると実家に帰省しましたが、両親と顔を合わせるのが気まずくて緊張しました。
きっと説教されるのだろう。どんな顔をして、何を話せばいいのだろう。

実家に帰って、いつもどおり迎えられて、少しだけホッとした私に、母は静かに言いました。

「お金のことはちゃんとしなきゃダメよ」

7月の終わり、わたしは家賃を立て替えてくれている姉にLINEだけで家賃の支払いが遅れることを連絡しました。
義務を果たせない後ろめたさから面と向かって話すことを避けてしまって、身内とはいえ礼儀知らずな態度を取ってしまったのです。

母は姉からそのことを聞いていたようで、諭すようにしてしっかりと叱ってくれました

家族だから無条件に立て替えてくれているし、私のことを気遣って何も言わないてくれているけれど、一緒に住むのが他人だったら?
お金がなくて払えないのは仕方ないにしても、ちゃんと面と向かって頼むようにしなさい。それが最低限の礼儀でしょう。

そのとおりです。
私は姉に、家族だからと内心言い訳をして、口だけ感謝を述べながら、礼儀知らずな態度を取っていたのです。

私はどこまで人に甘えれば気が済むのか。
いくつになっても自立できていない自分がとても情けなくなりました。

私は25年生きてきてもなお、未だ親に叱られないと最低限の礼儀すら示せないような人間でした。
そのことがたまらなく恥ずかしくて、情けなくて、反省するほかありませんでした

 

家賃を待ってもらう月が続き、恥ずかしながら親にも叱られ、ようやく自分の経済状況に危機感を憶えて、重い腰を上げて動き始めました。

先ほども少し触れましたが、まずは今振り返ればかなり贅沢していた支出を削り取りました。
毎日の飲食、交通費を減らして、間食を控えるようになりました。(外食してないというだけで節約できてると言い聞かせてた自分が恥ずかしい)
支出の記録も付け始めました。家計簿は何度やっても上手く続かなかったので、支出の記録だけつけようとノートを作り、日付と使った金額しか書かないシンプルなルールにして、やっと続けられています。

また、ライフエンジンの一部の方にも相談に乗っていただいて、ご協力いただいて、収支の確認の仕方を真似させていただいたり、今後お金を増やして行くにあたってどんなことに取り組んでいくかを考えたり。

こんなんでよくフリーランスできてるな…と思う日々でした。

8月、収益を上げるための取り組みを始める

同時期、収入に関して、どうやって増やしていけばいいんだろう?と悩んでいたまま手が止まっていたのですが、相談に乗っていただいて、「単発1回きりでも構わないから、とにかくお仕事を取ってくる」ことを目指し始めました。

自分にできることは何かを洗い出し、それを単発サービスにするとしたらどれぐらいの料金で提供するのか。
継続サービスであっても、具体的にどんなことを手伝ってもらえるかが見えたほうが依頼も来やすいだろうというのもあって、自分ができることを改めて整理してリストアップしたりしていました。

未だ「こんなことでこれだけのお金をもらっていいのだろうか…?」と自分の仕事に値段をつけることに慣れなくて、少しでも参考にさせてもらおうとライフエンジンの方々に料金についてご意見をもらったりしました。
そうしたらプチ作戦会議のようになって、そもそも自分が今新規のお仕事にどれだけの時間を費やせるのか、どの作業にどのくらいの時間がかかるのかなどを逆算していって、どの仕事をどのくらい受けるのが理想なのかを考えるといいと思う、と教えていただきました。

ちょうど、8月のお盆明けぐらいからTaskChute Cloudの活用を再開し始めて、支出と同様に無駄な時間を削って自分の生活改善の時間にあてようと模索始めていたときだったので、お金の管理はもちろんのこと、私の課題は時間管理だなと思いました。

それから、1日700円までしか使えない1週間があったり、交通費節約のために始めた自転車通勤が2日目にしてタイヤパンクして修理費が発生しヒヤヒヤしたり、現金で使うはずの4000円を謝ってnanacoにチャージしてしまったりしながら、お金の管理と時間の管理の向上を集中的に取り組んだ8月でした。

口座に500円しか入っていない日は「わたしどうなっちゃうのかな」と怖くなったりもしました

 

9月、仕事が増え、時間管理も安定してくる

しかし嬉しいことに、8月末~9月初めぐらいの1週間で、どどっとお仕事が増えました
ライフエンジン内限定で提供している、トータルアシスタントサービス(月額2万円でお困りごとに合わせたお手伝いをするサービス)の新規申し込みが2件。既存のお客様で作業内容レベルアップとともに月額単価のアップ。単発ではあるものの、めんタイムレンタルサービス(1時間2000円で私を貸し出すサービス)で受注を受けたりなどがありました。

自分から単発のお仕事募集します!と申し出る前に新規にご依頼いただくかたちとなり、本当に感謝しきりです。

また、時間管理に関しても進められてきていて、パート業務と個人の仕事、そして家事をこなしつつも、まだ時間を余らせられるくらいになってきました。
以前だったらSNSや動画で時間を溶かしてしまっていたのを、こらえる習慣をつけ、机に向かう時間を増やしたりなどをしています。

お金の記録もつけられていて、収支のざっくりした計算だったらすぐに確認できるようになり、9月の家賃はなんとか期限までに支払うことができました。

とはいえここで安心してもいられず、お仕事が増えた分だけ使う時間も増えることになるので、ますます時間管理をしっかりしていかねば、という気持ちです。
また、自分は本当にサボり屋なので、気を抜くとすぐ無駄遣いするので、そのへんをどうやってこらえるかも課題だなぁと思います。

 

ブログ活動と、これから

お金も増えて、時間管理で使える時間も増えてきて、気持ちの余裕も少しずつできてきたこの頃。
ようやくブログ活動を再開しようという気持ちになりました。

本当は、「ブログのテーマから見直そう」とか「記事を書くにあたっての軸を考えよう」とか、そういうことを見直して決めてからまた書こうと思っていたのですが、書きたいことは増えていくし、書きたい気持ちも出てくるしで、最終的に「そんなことより、とにかく記事を書けばいいのでは?」ってなりました。

というわけで、ブログ活動を再開します!

更新頻度とか、どんな内容を書いていくかとか、そういうのもあんまり考えていないのですけれど、とにかく書きたいことを書いていけばいいかって思っています。
強いて言うなら、自分が体験したこととそこから得たものについて、もっと力を入れて書いていきたいと思っています。

また、ブログ全体としていろいろ変えていきたい部分も出てきたので、過去の記事を編集したり削除したり、デザインを変えたりプロフィールを更新したりなども、ちょこちょこできたらいいなと思っています。

 

パート業務と個人の仕事を楽しみながら、ライフエンジンでの活動にも取り組みつつ、迷惑をかけないように家事をこなして、そのうえでブログなど自分の活動にも力を入れていく。
やりたいことをやっていくための工夫を今後いっそう頑張っていこうと思いますので、あたたかく見守っていただけたら嬉しいです。

いつの日か、このブログに書いてきたことが、自分ないしは誰かの役に立てると最高だなぁ、なんて。